ホームページを展開する方法

現在、無料で提供されているインターネット・ツール(道具)は、様々にあります。
予算をかければ、思うように独自なツールに出来ますが、自社に合った選定が必要に成ります。

区分 サーバー
維持費
URL
(http://)
独自ドメイン
他社
宣伝バナー
レイアウト
デザイン
自由度
CMS
ログイン更新
システム
無料の
ホームページ
× 提供選択内
で制限
無料を有償化する
ホームページ
提供選択内
で制限
ブログ等の
ホームページ改変
テンプレート
選択内で制限
独自 html 作成
ホームページ
自由
独自 html CMS
作成ホームページ
自由
(制限有り)
独自 html CMS
作成ホームページ
自由
  • URL (ネットワーク上のhttp://ではじまる ホームページのアドレスの略称)  
  • CMS (Content Management System. HTMLやCSSの知識がほとんど必要なくホームページ作成・更新・管理ができるシステム)
区分 EC
維持費
URL
(http://)
独自ドメイン
他社
宣伝
バナー
レイアウト
デザイン
自由度
CMS
ログイン更新
システム

・商品
・カテゴリ
データ一括登録

送料
独自化

割引率
・個別
・表示

無料の
ECシステム
× 提供選択内
で制限
× × ×
無料を有償化する
ECシステム
提供選択内
で制限
× × ×
有名ショッピング
モール出店
RA type(1)
提供選択内
で制限
○△
有料有り
区分制限
システムに依存

有名ショッピング
モール出店
Y type(1)
提供選択内
で制限
区分制限
システムに依存

独自EC作成
ホームページ(2)
自由 ×
独自ECCMS作成
ホームページ(2)
自由
データの互換 (1)と(2)の間で配列変更などのデータ操作で可能(商品数が多い場合に必須)

自由度が増せば、予算がかかり、制限を受け入れれば予算は抑えられるということになります。

新規の展開では、予算をどうかけるか(?)、例えば、製作に予算をかけず、広告に予算をかける。広告の方法と、費用相対効果を検証し、落としどころを探り当て、その後、ECシステムを高度化する。又は、複数ショッピングモール展開する等も、選択肢になります。

費用相対効果検証期間中は、市場実験圏域で比較的費用をかけます。最大3ケ月ほどで、市場の反応は把握できてきまして、堅実な広告方法のコストパフォーマンスを選択出来てるようになります。

事業者及び製品に”力”があることと、また、販売売上以外に、取引未然のかたから見つけられやすくなる効果もあります。(難しく”○○力”とかじゃなく、”力”と考えるべきです)

営業利益・中期経常利益の最適化は、インターネット展開でも同様です。計画しなくてはならないことだと考えます。